海の寄生・共生生物図鑑

海の寄生・共生拙物図鑑
以前、水中でオオモンハタを見かけた際、口を開けていてその中に顔らしいものを発見。 是非とも写真に撮りたいと追っ掛け回しました。 ところが、透明度不良もあってついに逃げられました。 まさに、エイリアンの口の中から顔を次々で

ヒラメ?カレイ?

このほど、「左ヒラメに右カレイ」という目の偏りは、脳のねじれから始まることがわかったそうです。 もともとカレイ、ヒラメも生まれたては他の魚同様左右対称の位置に目があるそうです。 それが成長していく過程で脳をねじれさせる遺

エチゼンクラゲに新兵器

今日フジテレビ系列の朝の番組「とくダネ!」で上記タイトルなる特集をしてました。 毎年、地球温暖化の影響か中国沿海州付近で大発生したエチゼンクラゲが海流にのって日本海沿岸、はたまた津軽海峡をこえて太平洋岸まで到達し巨大化し

和歌山沖が温暖化

紀伊民報によりますと 黒潮の接岸によって南方系の熱帯魚が捕獲されているそうです。 バラクーダやロウニンアジ、オニダルマオコゼなど普段いないはずの魚が捕獲されていて黒潮の紀伊半島接岸が原因ではなからろうかということ。 何年

白ナマコ

産経新聞によりますと1/27より須磨水族園で「白ナマコ」の展示が始まりました。 普通のナマコが突然変異で白色化したものらしく成体になるまでにたいがい外敵に食べられるか死んでしまうらしく珍しいものだそうです。 ほかの水族館
ツールバーへスキップ