まぶらいの島

まぶらいの島

まぶらいの島

映画「ゴーヤーちゃんぷるー」の原作本です。
第50回毎日児童小説コンクール最優秀作品ということもあり、お取り寄せ。
読んでみました。
映画と原作では島の設定が違っていて、鹿児島県の加計呂麻島(映画は西表島)です。
実際、映画を見た後の読書なので逆によかった。
いろいろと設定や内容が異なっていてそれぞれが独立した作品ってカンジ。
内容は、コンクールで入賞するだけあって、いろんな問題を提起しています。

現代の若者のいじめ、南方の島の人々の温かさ、末期がんの方の余生についてなど盛りだくさん。
いろんな視点で考えさせられます。

文章も平易で読みやすく共感する部分も多々ありました。

映画ももちろん、この本も是非読んでいただきたい作品です。

書籍

コメントを残す