Eリング

ハウジングの部品Eリング

ハウジングの部品Eリング

前回のツアーの2本目のダイビング中にデジカメのハウジングが結露しているのを見て水滴でも入ったかな、と思っていたら終了間際には、水滴どころか完全にリキッド。
お猪口程度溜まっていました。
幸い、オリンパスのμTOUGH-6020の防水デジカメだったのでチンすることなく助かりました。

完全に塩水に水没したことでそのまま放っておいたら、金属が腐食しちゃうので
蓋を開けて温水に一晩漬けておきました。
翌日、水気を切ってさらに一晩自然乾燥。
そして綿棒を使って各ボタン部を丹念に拭き上げ。

すると、一箇所ボタンを留めておくEリングが欠損。
これが水没の原因かぁ。

欠損したEリングはホームセンターで入手すれば良いか、と安易に考えておりました。

しかし近くのホームセンターで探すも所望のものはなく、
日本橋のネジ専門店に電話で在庫確認するも、
店員さん「そんな小さなものは取り扱ってません。」

ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

ネット検索したらガテン系通販店。
家にノギスがないので正確なサイズもわからず。
しかもサイズがビミューでホントにそのサイズがあっているのか実物を見れない歯痒さ。

するとAmazonで大小合わせて15サイズをセットにしてケース入りのものを発見。
物自体10個100円程度ですが、背に腹には代えられない。
ポチっと。

当たりました、1.5mmのものでした。

今度実地で水没テストしてみます。

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください