2つ目の窓

2つ目の窓

こんな映画があった、とは知りませんでした。
デビュー作がカンヌ映画祭でグランプリを受賞された川瀨直美監督のお名前は存じ上げていたが、作品については見たこともありませんでした。
たまたまネット検索にこの映画のポスターが目に入りYouTubeでティーザーを視聴。
すぐにこの作品を観たくなってAmazonでDVDを探してみると2015年の商品ということでもう販売終了。
買えないとなると余計に観たくなるもの。
すると、「prime vido」の文字が。
クリックするとprime会員特典の下に「今すぐ観る」のボタンが……。
プライム会員になっててよかったぁ。

ということで早速視聴しました。

映画の内容については、ダイビングシーンに書いたのでそちらで。
感想のみ述べたいと思います。

出だしは年多くの台風が通過する奄美地方の情景らしい、荒々しい波から始まりで一瞬「群青~愛が沈んだ海の色」を思い出しました。
そのあとに常田富士男さんのヤギを屠殺シーン。
最初、風習とはいえこのシーンがいるのか?と思いましたが、あとでその理由が徐々にわかりました。
オジイ役の常田さんの「まんが日本昔ばなし」での語り口調といい、仕草といい、名脇役ぶりが際立っています。
また、ヒロインの杏子が制服姿で素潜りしてるんですが、快活で愉しそうです。
根底には南西諸島での生死観がテーマになっているのですが、奄美の自然に包まれて表現されていてそれほど重くなく観れました。

どうっちゅうことでもないですが、界人役の村上虹郎さんと父親役の村上淳さんは本当の親子だそうです。
村上淳さんとUAさんは離婚されていて、映画は地のままだったようです。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください