ハンスとジョージ

ハンスとジョージ
故・岡本行夫さんの遺作です。岡本さんと言えば日曜日朝の「サンデーモーニング」のパネリストのイメージが強いですが、水中写真家・中村征夫さんと親交が深く、ご本人も水中写真をされていたそうです。そのため、この小説も海が舞台とい

潜匠~遺体引き上げダイバーの見た光景

以前読んだ「潜水士の道」とは趣の違ったものです。こちらは主人公と出会った著者の思いで綴られています。 東日本大震災のボランティア活動をしていた著者が、たまたま見かけた印象深い人物について興味を抱き、それを纏められています

素晴らしき洞窟探検の世界

素晴らしき洞窟探検の世界
最近メディアでご活躍されている、洞窟探検家・吉田勝次さんの著書。 年中、世界各地の洞窟を潜り倒しているだけあって、洞窟探検の面白さをじゅうぶんに解説してくださっています。 取っ付きはご本人が洞窟探検にのめりこむきっかけや

潜水士の道

潜水士の道
巣ごもり生活に読書で時間つぶしです。 昨年発売されたばかりの鉄芳松さん著作です。 潜水業の家系に生まれ、父明氏に師事しご本人が認めた、父含め5人の師匠たちからの貴重な教えを書き留めた手記です。 私も若いころ、職業潜水を標

水族館ガール

水族館ガール全7巻
この作品を知ったのは松岡茉優さん主演のNHKドラマを見かけたのがきっかけ。(DVDは出ておらず、オンデマンドで視聴はできるようです。)そのときは全話観ることもなく掻い摘んでみた程度でしたが、久々に見てみたいと思いましたが

群青神殿

群青神話
Amazonで衝動買い。 文庫本は小説で新書のほうはマンガかとと思って購入してみたら、新書がもともとのやつで文庫本は改訂版みたいなものでした。 タイトルからして、小説「ハイドゥナン」のようなニライカナイが出てくるのかと思

舞鶴の海を愛した男

舞鶴の海を愛した男
「遺産」に続き沈船ものの小説です。 かの西村京太郎先生の十津川警部シリーズです。時代的には第二次大戦終戦後にGHQの命で軍艦が爆破自沈させられましたが、これは日本側が戦中に日本が国際法を蔑ろにした悪事を隠滅するために終戦

遺産

遺産
このあいだの「海底のスペイン金貨」に続きスペイン・ガレオン船にまつわるものです。 キップ・ワグナーの口述自伝でしたが、今回のは完全なるフィクション、しかも500ページ超の大作です。 父親を海難事故で亡くした主人公が400

シナモンロールにハチミツをかけて

シナモンロールにハチミツをかけて
サブタイトルが「太平洋で最も偉大なダイバーとボクたち、そして幸せな死別の物語」という長いタイトルです。 タイトルに見覚えがあるような、既視感と言おうか、前に読んだあるのかと思い探しましたが、読んでなかったので購入してみま

海底のスペイン金貨

海底のスペイン金貨
先日読み終えた、「海底のスペイン金貨~フロリダ沖アクアラング作戦」(ワグナー/テイラー著)。 たまたまヤフオクで見つけて即買い。(Amazonでは欠品中) 発行年が私の生まれる1年前と、当時としてはアクアラングがまだまだ