Mako: The Jaws of Death

Mako: The Jaws of Death

今回もYouTubeで視聴。前回の「Sting of Death」のウィリアム・グレーフェ監督つながりで見つけました。

製作年が1996年なので「ジョーズ」人気にあやかっての作品です。

昔にアオザメに命を救われてから友達となり、サメを傷めつける人間を成敗していくという映画なのですが、なんとも中途半端な狂気さです。

冒頭にアクアラングを背負ってボートに上がってきてマスクも外さず、レギュレーターを咥えたままフックで犯行をおこなうのは異常、ホラーそのものです。

画質の問題なのですが、夜のシーンは真っ暗で全く見えませんでした。

信用した科学者や水中ショーのオーナーに裏切られてアオザメが殺されたことで復讐の鬼になっていく。

主人公の偏った倫理観に観たあと、なんとなく後味の悪いカンジになりました。

日記, 映画・ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。