潜水士の道

潜水士の道

巣ごもり生活に読書で時間つぶしです。

昨年発売されたばかりの鉄芳松さん著作です。

潜水業の家系に生まれ、父明氏に師事しご本人が認めた、父含め5人の師匠たちからの貴重な教えを書き留めた手記です。

私も若いころ、職業潜水を標榜して手に職をつけようかと色々と研修、講習会を検索してみましたが、必ずと言っていいほど鉄組さんがヒットし、そのころからお名前だけは知っておりました。

この本を読めば、その大変さを思い知り、潜水士にならなくて良かったと思います。

いろんな場面で潜水士が活躍しているのがよくわかりますし、こういう人たちがいたから日本のダイビング業界の発展があるのだと思いました。

日記, 書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。