海へのオデッセイ

海へのオデッセイ

こんな映画があったとは…。知りませんでした。

ググってもDVDしかないので劇場公開されていなかったみたいです。

私世代やそれより上の人で知らない人はいないんじゃないか?というクストーさんの半生を描いた映画です。

アクアラング(登録商標)を開発し映画「沈黙の世界」でカンヌ映画祭でパルム・ドール賞を受賞して一躍有名になり、お茶の間に水中世界の映像を身近にもたらした先駆者です。

私たちのスクーバダイビングできるのはこの人のおかげと言っても過言ではありません。

昔に「ライフ・アクアティック」という映画がありましたが、それはパロディ映画でしたが、こちらが本物のものです。

水中映像もしっかりとられていますし、何と言っても当時のアクアラング器材が使われていますのでスゴイ参考になります。

なんでもそうですが、何かに長けた人っていうのはどっか孤独というのがありますね。

日記, 映画・ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。