海蝶 海を護るミューズ

海蝶 海を護るミューズ

昨年TVドラマ「DCU」で題材に取り上げらた海上保安庁、DVDとか検索したらAmazonのオススメで出てきました。

ちょうど文庫本が発売されたタイミングだったので買ってみました。単行本では「海蝶」だけだったのですが、続編が出た兼ね合いでしょうね、サブタイトルもついていました。

現実、海上保安庁にまだ女性の潜水士のいないところで初の女性潜水士が誕生する、という設定から始まります。

男性ならば不合格のところを女性初という人寄せパンダてきな緩めはあるが合格し海上保安庁長官から男が海猿に対して女性は花があった方が良いだろう的な「海蝶」というキャッチフレーズに。

家族が50歳でいまだ現役の潜水士の父・正義、バリバリの特殊救難隊の兄・仁、それと海蝶の主人公・愛と、繋げると海上保安庁の精神「正義仁愛」そのまんま。

本編と続編もそうですが、東日本大震災が起点となってます。

主人公が岩手から父の赴任先に引っ越しする矢先に東日本大震災が発生し、母が行方不明になり自身も海上保安官に救出されたことで海上保安官になり、行方不明の母を捜索したい一心で潜水士に志願した経緯。

これだけでも読み応えのある小説ですが、東日本大震災で海上保安庁を逆恨みして事件を巻き起こす家族設定など盛りだくさんです。

最初のほうはつつっと読み進めますが、後半は回想シーンが多めであぁ、そういうことかと納得できました。

みなさんも是非読んでみてください。

日記, 書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください