海底47m

海底47m

海底47m

今年ケージダイビングをテーマに2作公開されているひとつ。
ジョーズものといえば、最近シネマート心斎橋に行ってるなぁ。

予告編で見るともう一つ「ケージ・ダイブ」のほうが気になるが、大阪ではやってくれないのね。

ってことでこちらへ。
行ってみると、今まで何本かシネマートで観ましたが、一番盛況な入り──お盆ということもあるか。
映画館らしくいつもの「STOP映画泥棒」でスタート。

オープニングで姉妹がプールで戯れる際、赤ワインをプールに零して、水面に広がるところはジョーズものらしい始まり方。
破局した姉を妹が気分転換になれば、とケージダイビングを提案。
しかし、安全面考えたら、ちゃんと名の通ったところ使おうよ、ですね。
まぁ、それでは物語は始まりませんが。

ジョーズものはほとんどが海面を舞台にしていますが、
これはタイトル通り海底47m。
光の届きにくいところでの、どこから現れるかわからない恐怖は、モルジブで逸れたときの恐怖を思い出しました。

ダイビングについての知識を養う?という意味でも見応えはあるかな

  • 水中では深くゆっくりした呼吸をすること。
  • 水深が深ければ深いほど、窒素酔いの可能性がある
  • やたらめっぽう動き回らず、止まって考える

最後の最後、姉妹とも助かったと思いきや、この展開。
さすが欧米か! でした。

オススメ度は☆4つ(5つ中)です。

海もの

コメントを残す